コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

我が家の小銭貯金事情**

こんにちは



今日は我が家の小銭貯金事情について書いてみます



みなさん小銭貯金してますか??
わたしはチマチマコツコツな小銭貯金が大好きです



でも「お財布に500円玉あるから入れとこ」
とラフな感じでするのは苦手なの…。

こういう場合は、これだけ入れる!
っていうルールにのっとって行いたいのです。




「ルールにのっとって」とか固いですよね。笑



◎端数貯金

我が家は食費と日用品で40,000円でやりくりしています。
それを日々記録しています。

毎日の支出が100円単位になるように、
小銭貯金をして調整しています。




たとえば☆

食費:1234円
日用品:567円


だとします。
すると合計は1,801円

端数貯金をすると…

食費:1234円
日用品:567円
端数貯金:99円
--------------
合計:1,900円


となります。ぴったり、気持ちいい



小銭は昔100均で買った缶に入れてます。
ぴったり端数がない時は、
缶の中の小銭と両替しながらやってるよー。

小銭を常備してると何かと便利ですしね

ちなみに100円玉と500円玉が貯まってくように
調整しながらやってますよ。

保育園の集金で、100円と500円は重宝するんです!!



両替を繰り返していって、
見事1000円札に変身できた子は、
「純貯金」の口座に入金してます。

月に2,000円弱くらいになるかな?
これは「貯める」という感覚よりも
「楽しみ」というか「趣味」というか…

そういう感じでやってます。

もう4~5年くらいやってます

一度やめてみた事があるんですが、
支出が100円単位じゃないのが気持ち悪くて…



なので、わたしには必須の小銭貯金ですね~☆

ちなみに自分のお小遣いでも同じルールでやってますよん。





◎オトク貯金

これは名前のまんまです。笑

「得した分」を貯金しています。

「100円引き」の商品を買ったら100円チャリン☆

WAONが1000ポイント貯まったら、
それをチャージしてお買いもの~。
そして1000円をチャリン☆

こうやって地味に貯めてますよー。
これは小銭入れに貯めていってます。

1000円になったらオトク貯金用の口座に入金しています。



これは「プチ贅沢費用」に位置付けてます。

「プチ贅沢」と「必要なもの」の
定義が難しいなーとも思うんですけどね(^^;)

そこはわたしの直感と、
わたしのテンションが上がるかどうかで決めています。
夫の意見も聞きますよー



前回はね、T-falのフライパンセットが欲しくて、
20,000円くらいまで貯めたんです!

でも…夫に「え、そんな高いのいる?」って言われて(;_;)

いや、反対する感じで言ったわけじゃないし、
買っても何も言われないんですよ。
でも、なんかその一言で一気にさめて…笑

二人の意見が一致した
ちょっとお高いドライヤー買いましたよ♪

「美容院仕様」みたいなやつ!

「ドライヤーをすればするほど、
髪の毛が復活していく!!」
みたいなやつなんです。

うさんくさくないですか??笑



お値段20,000円~!!



それまで使ってたやつは、
なんと2,000円のもの!!笑

いっきに10倍の商品に!!!!



元のやつは安すぎてやばいですよね。
その前のやつが急遽壊れて、
慌てて買いにいったやつなんです。

すぐ壊れるだろうーって思ったけど、
なんだかんだ2~3年使ったかな?

もうね、乾くんだけどさ、傷みが半端ないの!
トリートメントせずにやるとひどいもんです。笑



20,000円のやつはね、
乾かしたあと、サラサラつるん!ってまとまるし、
朝起きた時も、まとまり具合が全然違う!

あと毎年この時期に悩まされてる、
髪の毛が静電気で逆立つ事件
が全くないのです

疑ってごめんなさい…笑



ということでまさに「プチ贅沢品」です(^^)




今はねー、11,000円くらい貯まってます。
次の「プチ贅沢」も狙いはさだめてるので、
購入したら載せますねー***








にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます





関連記事
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト(-ω-*)
- 最新記事 -
- 月別アーカイブ -
- カテゴリ -
- ブロとも申請フォーム -

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。